Tatamiser

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今頃、窓のミスが判明(泣)

09 28, 2011
すごく楽しみにしていた窓。
ここだけ、こだわりの窓。


DSC0046.jpg


おもいっきり西向きだけど、夕日を堪能したくて大きくした窓。(過去記事

この下に食器棚を置き、上はディスプレイ空間にしたくて。(過去記事


間取りを決める時から、どの食器棚を置くか決め、
その高さと窓がツライチになるようにしたいと希望を伝え、
窓の高さを決定。
図面もよくよく確認。

・・・・したのに・・・・。

実際の高さが間違っていたことが、今頃判明。。。

やっとIKEAに行き、食器棚を組み立ててみてあらビックリ。


窓台の分(3センチ)高いんですけど…(泣)


DSC00978.jpg



DSC00977.jpg


夫は、別におかしくないじゃんと気にせず。
そう、これで特に不都合なことはなく、単に私がこだわっていただけなんだけど…



本当は、こうなって・・・・


DSC01165.jpg





こうなるはず。


DSC01166.jpg


そう!!これよこれ!!




下を見ると… 上げ底。


DSC01162.jpg


あまりに私の文句がうるさくて、あ、いや、嘆き悲しむ私を気遣って、
夫が上げ底にしてくれた… 
でもこれカッコ悪いよ…



あ~~~。しかしコレ、どうするかな~~。

窓を直してもらうのは、大掛かりになってしまうので避けたい。
窓台だけはずせばいいって話じゃないだろうし…。

ということは、この食器棚をなんとかするしかない。


夫の案。
・上げ底。もっといい木で。
・天板に3センチの厚さの板を乗せる。

・・・・すまんが、どっちもカッコ悪いよ…

私の案。
・足の部分、3センチ高いものを作って、それに付け替える。

・・・・誰がそれを作るんだ?色も同じに塗れるのか? 
足が3センチ高くなっても食器棚の見た目バランスが取れる形に作れるのか?

そもそも、どうしてそんな面倒なことをしなきゃならないんだ!?

窓台も本当は付けたくなかったけど、漆喰だし、結露や雨吹き込みで
濡れたらいけないからと説得されてつけることになっちゃったし、
まったく、あそこも間違ってたし、ここもおかしかったしと、
水に流したはずのことまで、ふつふつと浮かんできて最悪…。



甘い物食べて、きれいな景色見て、
心を落ち着けることにします(泣)

コスモスがいい季節です。



DSC01104_20110928112329.jpg








DSC01107.jpg








DSC01118.jpg




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 



関連記事
スポンサーサイト

【web内覧会】ダイニング4 メイン照明 シェルのやさしい質感

09 26, 2011
ダイニングのメイン照明です。

まず、どんなものかというと… 以前記事にしたコレです。
カピス貝が沢山吊るしてあります。

 このお店で購入。レビューが多く参考にしました。

 こっちのお店は全色そろってる

この照明は、コードは白で、引っ掛けシーリングに取り付ける物ですが、
電気屋さんにアレンジしていただきました。
だって、このプラスチックのシーリングカバーがカッコ悪くて(汗) あとコードも短かった。


1Fトイレの照明と同じく直付けにしてもらい、
この真鍮のカバーを取り付けてもらいました。(こちらのお店で購入 品番ASW03/Z)



それに合わせ、コードの色も黒に付け替えてもらいました。

壁から梁のところに電気コードが出て、梁の上部に溝を作りその中にコードをはめ込み、
その上から梁に木でフタがしてありました。
なので、上から見ても梁にコードが見えないようになっていて驚きました。




コードの長さは、かなり悩みました…。

ダイニングのペンダント1灯吊り、理想の高さを調べると、
照明の下部が、テーブルから60~80cmという値らしいのですが、
それって、私には結構低く感じる…。
私、背もあるので、配膳の時に頭ぶつけそう。

この照明は結構大きさもあり、吹き抜けに付けるので
あまり低いとリビングから見たバランスが悪くなる気がしたので、
結局、床から約160cmの高さに、照明下部が来るようにしました。
一般的なダイニングテーブルの高さが70cmなので、テーブルから90cmの高さです。
(IKEAのテーブルに換えたので、今はテーブルの高さが約74と少し高くなりました)

本当は長めにしておいて、コード調節器具を使えばいいのだけど、
せっかくの直付けだしスッキリさせたかったので、
吹き抜けのある実家の壁に印をつけて離れて眺めてみたり、テーブルの上に紙を吊るしてみたり、シュミレーションをして決めました。
食事中にまぶしく感じることもなく、遠くからの見た目もおかしくなく、
シュミレーションした甲斐がありました。


















実際に取り付けてどうだったか…

想像以上に良かったです。
とにかく、シェルが 「表情が豊か」 これにつきます。
キッチリと作られたものではなく、自然の物を利用しているからこその雰囲気が。

本家パントン様の物は貝を金具でつないでいるのですが、こちらはただのテグス。
かえってテグスの方が自然で、私の好みかも。
でも、テグスの始末が雑でピンピン飛び出している所があったので、自分で切りました…。

心配だったのは音。
じゃらじゃら風が吹くたびにうるさかったらやだなーと思っていて、
うるさかったら別の物に変える気で挑戦したのですが、
予想に反して、窓を開けていてもよっぽど強く風が吹き込まないかぎり音はしませんでした。
たま~に、シャラリン… と鳴るのがまた癒されます。
夫も「この音がいいなぁ…」とつぶやいています。




やさしい透明感。








近くで見ると、自然の茶色っぽい模様が沢山あり、すごく気になってしまう方もいるかも…。
味のあるもの、手作りもの、自然のもの、古いものが好きな方はOKな範囲かと。
これ、自分でパーツを吊るすのですが、模様が多いものはあまり見えない場所に吊るしました。







明るさも、60W3灯にして正解でした。
まだ白熱球のままだけど、蛍光灯に変える予定です。→LED球に変えました(★)
3灯、1灯とコードを引いて明るさを変えられるので重宝しています。
コードは本体より長いのですが、見えないほうがいいかと中で結んで使っています。









日が当たると、きらめき。



























夕日が当たると、格別。



























夜(1灯のみ点灯) やさしい明かりです。








壁に映る影がかわいい。









十五夜の前夜だったかな… 月光が特に素敵でした…。







参考になる家づくりブログが沢山♪
トラコミュ 照明・ライトニング

トラコミュ WEB内覧会 * ダイニング

にほんブログ村 住まいブログへ

関連記事
Posted in ダイニング

【web内覧会】ダイニング3 吹き抜け

09 23, 2011
煙突は一直線に吹き抜けを登ります。



DSC00928.jpg




東にも高窓。
北側は、階段を上りきった所の柵。



DSC00969_20110923074727.jpg



高窓は同じものが4枚。
この煙突とかぶってしまう窓は、いらないかな~と思ったのですが、
階段を上ると正面に来る窓なので、そのまま残しました。
視線が抜けるので、残して正解でした。

東の窓の外は、バルコニーです。


DSC00841.jpg




シーリングファンは、長い方のシャフトを選択。


DSC00401.jpg





ファンとダウンライトは施主支給はできないとのことで、電気屋さんにお願いしました。
(でも定価の半額だったので、まだマシでした…)





階段を登ったところから下を見ると、ちょうど薪ストーブ。



DSC00837.jpg




ここの壁に付けたスポットライト、LED専用器具だとお値段が高かったので、
普通の安い器具にLED電球を組み合わせました。
ちょうど色もピッタリ! 我ながら大成功。(自画自賛)


DSC00986.jpg


 LEDを選ぶのに難儀したけど、評判良さそうな東芝に

    このレールのエンドキャップは、いつの間にか紛失。
                    でも特に問題ないのでそのまま付けていません…。



吹き抜けと、ストーブを照らします。
LEDだからといって不自然な光りという感じはしません。
たぶん、私が鈍感なんだと思います。(いや、品質がいいのか)



DSC00949_20110923074727.jpg






これでストーブに火が入れば
なかなかドラマチックじゃないか!?(自画自賛) ←いいかげん施主バカ



DSC00957_20110923074727.jpg



参考になる家づくりブログが沢山♪
トラコミュ WEB内覧会 * ダイニング

トラコミュ みんなのWeb内覧会

注文住宅

にほんブログ村 住まいブログへ

関連記事
Posted in ダイニング

【web内覧会】ダイニング2 薪ストーブ

09 22, 2011
畳リビングと、ダイニングの間には、少し壁があります。





この色の部分。

これは構造上どうしても必要になった壁。

スッキリと壁を無くし、大きな空間でつなげたい。と
考えていたけれど、仕方がなかった。

でも住んでみると、この壁があって良かったと思うようになりました。

お互いの空間を独立した物でなく、かといって全く同じ空間にするでもなく、
ゆるやかで適度な仕切り具合。

ちょうどキッチンの目隠しにもなります。








炉台のタイルの色と、畳リビングの壁の色が、似ているのは偶然…。
色選びの時には、そこまで考えていなかったけど、ちょうど良かった…。





注:遠くに見えるパンダは見なかったことにしてください。



そして薪ストーブ。 (ストーブについての過去記事)
せっかくのストーブの前が階段ってどうよ?と思っていたけど、
ストーブ屋さんと検討して、正面を向いていてもどちらからも火が見えることを確認。

結構薪ストーブの近くって、ずっといると暑いし顔がほてってしまうので、
どちらからも付かず離れずの位置になってちょうどいいかもと思います。


炉台はスッキリと大判タイル。 (タイルについての過去記事)
床とフラットにしてもらいました。







ストーブの位置って難しく、
煙突と壁をどのくらい離す必要があるとか決められているそうです。
この壁のタイルも、この高さまで貼る必要があるとか。







そして、この炉台の横に木のカウンターがあり、
ストーブとカウンターを仕切る腰壁の高さを低くするなら、
ストーブとの距離をとらなければならないそうで、
炉台が結構広くなりました。横約1700×奥行き1150mmです。




畳の和室と、ダイニングの洋室を繋げるのに程よい存在感…。
いや、存在感ありすぎっ。









吹き抜けも一気にいく予定でしたが、眠気ピ~ク。
次回に…。


参考になる家づくりブログが沢山♪
トラコミュ WEB内覧会 * ダイニング

トラコミュ WEB内覧会 * キッチン

注文住宅

にほんブログ村 住まいブログへ

関連記事
Posted in ダイニング

【web内覧会】ダイニング1 全体

09 19, 2011
Posted in ダイニング

RSS

          

recent posts
   
お気に入り♪
category
     
【家づくりで参考にした本】
色を楽しむ、色と暮らす
インテリアペイント


+家の特徴+
【畳のリビング+障子間仕切り】
【壁付けキッチン→WIC→洗面
脱衣所と生活動線重視の
回遊式間取り】
【オール電化】【太陽光発電】
【セルロースファイバー断熱】
【寒冷地仕様】【薪ストーブ】
【無垢床、漆喰壁、和紙畳使用も
コストダウンを追及】
【子ども部屋は必要最小限に】
【こだわりの収納】【外構はDIY】
地元工務店で建築
夫婦+子ども3人の
5人家族の家です

Author : umeka
ズボラー技 大好き主婦
子ども達に散らかされる毎日
マシな所だけ切り取ったブログ
 
愛用中♪
マハロバスケット
寝室に秒針なし電波時計








archive
mail
すぐにお返事ができないため
現在コメント欄は閉じております
メッセージはこちらからお願いします

name:
mail:
title:

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。