床も間違ってた | Tatamiser

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

床も間違ってた

06 01, 2011
ご心配おかけしました。
ワタクシ、こんなことで落ち込んじゃいられないと、
昨日買い物のついでに、コレを買いました。


DSCF2592.jpg


抹茶モナカアイス 6個入り。
CGC商品 ¥299 なり。

もちろん、家族にはナイショ。全部私の分~。

で、買ってから24時間も経っていないのに、
もうすでに全部食べてしまいました。
おいしゅうございました。




…事の顛末はこうでした。

まず、電気配線で間違いがあった。

ダクトレールをつける部分があるのだが、そこは配線は
1本でいいはずなのに、3本コードが出ている。

電気屋さんに渡っていた図面、ダクトレールじゃなくて、
勝手にスポットライト3個に変更になっていたんだな…。

打ち合わせで、確かに私、ここはレールじゃなくて
スポットの方がいいでしょうか?と聞いた。
そしたら、暗かったら増やせるように、レールの方がいいですよ。
とのことだったので、そうですね。とレールでお願いした。
その場で、レールも施主支給することを確認。

その打ち合わせはなんだったのか??

元々、ダクトレールの図面だったよね!?
どうしてスポットライトに変わったのか!?

と、こんな事がいくつかあったのだ。



なので、前回書いたとおり心配になって、器具も自分でメーカーに確認し、
ダウンライトはLEDに変えられるものに変更、
その他に2階廊下のコンセントを、フットライト付きの器具に
変えてもらうようお願いした。


でも、なんか心配。

確認中に、洗面所のダウンライトを、勝手に器具変更されていたのを
今さら発見。報告が無かったから、全く知らなかったし。

ダウンライト以外はほとんど施主支給の予定で、
それを伝えているが、そのあたりも大丈夫だろうか。

また、打ち合わせと違う器具一覧表を作っているんじゃないか。
それを電気屋さんに渡されたら、今度は器具を間違えられてしまう。

(こんな事が心配になるって、尋常じゃないと思うのだけど…)

で、現場打ち合わせの際に、電気屋さんに渡す器具一覧表の
最終版をこっちにも貰えるようにあらかじめ要求。


で、その最終版…



やっぱ、間違っていた。

変更したダウンライトのところに、足元灯の型番が…


天井に足元灯たくさんつけて、どうするんじゃー!!


もう、信じられない間違いが多いというか… 
他にもいくつかあり、笑えました。

いや、私も変更をお願いして、混乱させたかもしれないけど、
他にも案件をいくつも抱えているのも分かるけど、

どうしてこうなるかな!?っていう不思議な間違いなんだよな。
なんか、ものすごい思い込みしてる!?って感じ。
あと、勝手に変更していて報告がないとか。


とにかく、電気屋さんにこれ以上間違った指示を出されるのは
食い止めた。






で、やれやれと思っていたら、こんどは床!!

洗面脱衣所に、まったく違う床板が貼られている~~(泣)


私の胃に、穴を開ける気か~~!!


ここは、廊下やダイニングと同じ赤松なのに、
トイレと同じ、ダークな床になってる!!


…ここ、最終の仕上げ表を渡された時に、そのダークな床で記載されていて、
(それもなぜなのか不思議、一度も指定したことないのに)

ここは違います。赤松です。って、私、指摘したよね~~!?

それはもう3月の話。
最終の仕上げ表だったから、お互いそこにメモ書きして、
コピーはもらわなかったのだけど…。

それが、棟梁さんに渡っている仕上げ表に、反映されていなかったのだ…。


棟梁さん、あわてて現場監督さんや設計士さんに電話するも、
え?赤松でしたっけ? とトボケられ…。(これがまた勘にさわる)


結局、貼り直してもらったけれど、

やり直すのは棟梁さん。

接着剤もつけて釘もうって床材を貼っているから、
その下の下地合板まで取替えになり。

本来は廊下と一続きのフローリングだから、つなぎ目は無いのだけど、
私も廊下まで剥いでやり直してもらうのは棟梁さんに申し訳なく、
つなぎ目ができてしまうことで妥協。


これ、床が貼られてすぐに発見できたけど、
知らずに壁まで施工されていたら、
それまで全部やり直しになっていたって事だ…。



もうね、もうね、こういうのが本当に嫌だ。
結局現場の人たちに迷惑がかかる。

指示通りにきっちり仕事してるのに、やり直さなきゃならないなんて、
つらいことだと思う。


もうこれ以上間違いがないように、
棟梁さんの書面見せてもらって私が確認。

……施主って、ここまでしなけりゃならないのか!?


棟梁さんも、どの現場でも間違いがあるんすよってこぼしてた。
で、間違いを指摘しても全然直らない…と。


私も、もう前のように工務店に文句言う元気もありません。
なんか、あきれた…というか、諦めた…というか。。

夫も、棟梁と直接打ち合わせしたほうが早い。
棟梁に言っておけば間違いない。
それにしても、毎回やり直したら材料代も人件費も掛かるのになぁ…と。

これ以上間違いがないようにチェック&祈るばかりでございます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気を取り直して、次回は花にしようかな。
実家から株分けしていきたい花の写真を撮ったので。



DSCF25.jpg




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

応援ありがとうございます。感謝です!!


関連記事

スポンサードリンク

RSS

          

recent posts
   
お気に入り♪
category
     
【家づくりで参考にした本】
色を楽しむ、色と暮らす
インテリアペイント


+家の特徴+
【畳のリビング+障子間仕切り】
【壁付けキッチン→WIC→洗面
脱衣所と生活動線重視の
回遊式間取り】
【オール電化】【太陽光発電】
【セルロースファイバー断熱】
【寒冷地仕様】【薪ストーブ】
【無垢床、漆喰壁、和紙畳使用も
コストダウンを追及】
【子ども部屋は必要最小限に】
【こだわりの収納】【外構はDIY】
地元工務店で建築
夫婦+子ども3人の
5人家族の家です

Author : umeka
ズボラー技 大好き主婦
子ども達に散らかされる毎日
マシな所だけ切り取ったブログ
 
愛用中♪
マハロバスケット
寝室に秒針なし電波時計








archive
mail
すぐにお返事ができないため
現在コメント欄は閉じております
メッセージはこちらからお願いします

name:
mail:
title:

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。