今後のための覚書 | Tatamiser

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

今後のための覚書

06 02, 2011
前回の件に応援や励ましいただいて、
本当にありがとうございました<(_ _)>
おかげで、元気に復活です!


こういう内容を、ブログに書くのはどうかな…
愚痴ブログみたいになってきたしな…
もし見つかったら気まずいし~
やめておこうかな… と迷ったけれど、
これも家づくりの記録だし、
書かなきゃ私の気も収まらなかったってのもありました。

それに、文章にすることにより
何が問題なのか、整理することもできたのが大きかった。
なので、花については長くなりそうなので後にまわして、
今回は今後のための覚書です。



・・・・・

書かなかったけれど、まだ他にも、
「あやうく未遂事件」がいくつもあった。
    (階段下の収納や壁補強の部位などなど…)


その原因は

・床間違え事件のように、図面や表が間違っていた。

・打ち合わせ内容が、設計士さんから
  現場監督さんや棟梁さんに伝えられていなかった。


…つまり、今まで打ち合わせしてきたことが、
  正確に現場に伝えられていなかったってことだ。

今までのことで、やっとそれが分かった。




とにかく今は、これ以上間違った施工をされたくない。
やり直しがないようにしたい。



じゃ、どうすればよいのか。

書類は確認した。
勝手に変更されていて、こちらに知らされていなかったって箇所は
もうないはず。


その他、今私がすることは…

・設計士さんから 現場監督さん・棟梁さんに
  伝えられていないと思われる箇所が他にないかピックアップする。

・その箇所を現場監督さん・棟梁さんに直接確認する。

とにかく、これにつきる。
先回り確認作戦だ。



今思いつくのは、

・障子のデザイン。現場監督さんが建具屋さんに発注するだろうけど、
  設計士さんにお願いしたデザインについて聞いているかどうか。

・玄関まわりのタイルの貼り方。
  これも現場監督さんに伝わっているかどうか。

・キッチンのIKEAの吊戸。
  これを使うということが現場監督さんに伝わっていなかった。
  組み立てを棟梁にお願いすればいいと設計士さんは言っていたのに…。
  組み立ても設置もお願いできるか、確認しなければ。

・間仕切り障子の見積もり。
  設計士さんに以前にお願いしてあるが、いまだ…。
  間仕切り障子を採用したことにより、クローゼット戸も変更に
  なっているので、その見積もりも合わせて、
  現場監督さんに確認しなければ。


あと何があるかな…。
よくよく検証しなくては…。



…他には

・電気器具については、私が表を作り渡してある。
  施主支給品、金具だけ取り付けてもらう部位など、
  その表が基準となる。
  それまで間違っていた配線数は、見積もりに影響してくるので、
  電気の見積もりをやり直してもらうことになっている。

・内部の塗り壁の件は、左官さんと打ち合わせがあることを
  現場監督さんに確認済み。

・塗装する部分については、塗装やさんと相談して色決めすることを
  現場監督さんに確認済み。

・クロス貼りについても現場監督さんと確認済み。

・キッチンや洗面台の発注は現場監督さんだから大丈夫のはず。

・畳も現場監督さんに直接話をしたのでOKのはず。

・造作については、直接棟梁さんとやりとりしている。

・薪ストーブも、ストーブ屋さん、棟梁さん、現場監督さんと私とで
  現場で打ち合わせしたので、炉台も含めOKのはず。

・カーテンは、カーテン屋さんと私が直接やり取りしているのでOK。

・ウッドデッキについては、後で棟梁さんと打ち合わせ予定。

・外構については、まだ何も打ち合わせしておらず、これから。


あと、何があるだろう~




現場がはじまるまで、
こういったことで悩むとは夢にも思わなかったなぁ~
以前の自分が書いたこと見ても、青かったなぁ~って感じ。

会社選びの際も、実際にこの工務店で建てた知人に話を聞いたのだけど、
その時って、今の設計士さんじゃなかったんだよな。
(今の設計士さんは、多分入社3年目くらい。若くはないケド)

工務店の対応としては、すぐに直してくれるって所はいいところなんだけど。
追加料金もないし。

お施主さんのためっていう、工務店自体の気概はすごく感じるのだけど、
それだったら、イベントなどに力を入れるよりも、
確実な仕事の体制にすることを第一にして欲しいところだなぁ。

それと、まだまだ変更できますよのお言葉に、すっかり甘えてしまった私。
変更したことによっておかしくなった箇所もあるので、
混乱させてしまったかもしれない。そこは私としても反省点…。


とにかく、何かあっても早めに見つけられるように、
現場には足を運んだほうがいい、ということは身にしみた。




・・・・・・・・・・・・・・・・・

気を取り直してオマケ。嬉しかったこと。

この床材。レッドバーチ。1階トイレの床と壁に貼られた。


DSCF2580.jpg



表面が平らではなく、ややゴツゴツしたアンティーク加工がされていて
実際に貼られたらところ、いい感じ♪
(これが間違って洗面脱衣室にも貼られちゃったんだけどね…)

ここだけ、ダークな空間になる予定。



2階のトイレは、同じ床材で色違い。
こっちはナチュラルな色。これもまたいい感じ♪


DSCF2582.jpg



どちらも1畳で狭いトイレだけど、この床板のおかげで
楽しみな空間になりそうです。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
応援ありがとうございます^^

関連記事

スポンサードリンク

RSS

          

recent posts
   
お気に入り♪
category
     
【家づくりで参考にした本】
色を楽しむ、色と暮らす
インテリアペイント


+家の特徴+
【畳のリビング+障子間仕切り】
【壁付けキッチン→WIC→洗面
脱衣所と生活動線重視の
回遊式間取り】
【オール電化】【太陽光発電】
【セルロースファイバー断熱】
【寒冷地仕様】【薪ストーブ】
【無垢床、漆喰壁、和紙畳使用も
コストダウンを追及】
【子ども部屋は必要最小限に】
【こだわりの収納】【外構はDIY】
地元工務店で建築
夫婦+子ども3人の
5人家族の家です

Author : umeka
ズボラー技 大好き主婦
子ども達に散らかされる毎日
マシな所だけ切り取ったブログ
 
愛用中♪
マハロバスケット
寝室に秒針なし電波時計








archive
mail
すぐにお返事ができないため
現在コメント欄は閉じております
メッセージはこちらからお願いします

name:
mail:
title:

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。