外壁は白洲そとん壁の予定 | Tatamiser

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

外壁は白洲そとん壁の予定

03 03, 2011
家の外壁は、工務店の完成見学会でひと目ぼれした
白洲そとん壁 の塗り壁の予定。

これは、家の中でも使う予定の (過去の記事
薩摩中霧島壁と同じ会社の素材。

火山噴出物のシラスは、100%自然素材。
無機質の天然セラミック素材なので、紫外線や風雨による退色・劣化がない。
耐凍害・耐酸性雨・耐塩害。
防水性も劣化しないため、再塗装や張替えといったメンテナンスが不要。
とある。

さらに、防水と透湿の両立を実現だそう。
雨は通さないけれど、湿気は通す。要はゴアテックスみたいな物か?

ここは寒冷地なので、耐凍害というのは重要ポイントだ。
やっと少し暖かくなってきたかな?と思ったら、昨晩はまた雪だよ…。

ちょっと調べて見ると、やはり塗り壁ならではのクラックが入ることがあるらしい。
しかし、表面がザラザラなのでよく見ないと分からないとか。
下地処理がしてあるので、そこから雨水が入る心配もないようだ。

色の種類もいくつかあるが、一番白い色にした。
これがまた、アイボリーっぽい白ではなくて、グレーっぽい白で好みの色。
とにかく色で悩んでばかりで、いまだに決めていない場所がほとんどなのに、
これだけは即決定だ。

塗り方の仕上げ方法はまだ未定。
今まで見たのは、スチロゴテ仕上げと渦巻き仕上げ。
どちらもザラザラの質感が出ていて、いい感じだった。


そう、雰囲気づくりには色も重要だけれど、
質感ってとても大事だなと最近思うようになった。
無垢の木、漆喰、シラス…
自然素材は、すでにそれだけでいい感じの質感を持っている。
年を重ねて、いい風合いになってくれればいいなぁ。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 人気ブログランキングへ
関連記事

スポンサードリンク

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top

RSS

          

recent posts
   
お気に入り♪
category
     
【家づくりで参考にした本】
色を楽しむ、色と暮らす
インテリアペイント


+家の特徴+
【畳のリビング+障子間仕切り】
【壁付けキッチン→WIC→洗面
脱衣所と生活動線重視の
回遊式間取り】
【オール電化】【太陽光発電】
【セルロースファイバー断熱】
【寒冷地仕様】【薪ストーブ】
【無垢床、漆喰壁、和紙畳使用も
コストダウンを追及】
【子ども部屋は必要最小限に】
【こだわりの収納】【外構はDIY】
地元工務店で建築
夫婦+子ども3人の
5人家族の家です

Author : umeka
ズボラー技 大好き主婦
子ども達に散らかされる毎日
マシな所だけ切り取ったブログ
 
愛用中♪
マハロバスケット
寝室に秒針なし電波時計








archive
mail
すぐにお返事ができないため
現在コメント欄は閉じております
メッセージはこちらからお願いします

name:
mail:
title:

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。