玄関は二枚引戸とアクセントウォール | Tatamiser

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

玄関は二枚引戸とアクセントウォール

04 15, 2011
間取り図を元にご紹介していきます。(上が北)   1F全体 

まずは玄関から。

     genkan.jpg


玄関は… おもいっきり 鬼門。

ははは~ まったく気にしないもんで~

土地の東の道路から入ってきて、一番近い場所がここで。

南の隣のクロークと場所交換の話もあったのだけど、
玄関の明るさ確保のため、どうしても窓が欲しくて… この位置に。

窓は、北側に立てすべり窓をふたつ。
お隣さんが見えてしまうのでカタガラス。


玄関のドアは、2枚引戸。 トステムの断熱玄関引戸。

      lineup_f1.jpg

ブラックチークの木目調。

工務店標準の、簡易タッチキーシステム付き。
車みたいに、バッグやポケットにリモコンを入れておいて、
手でドアのボタンを触ると鍵を開け閉めできるやつ。
鍵どこだ~ってやらずに済むので、これは嬉しい。

出入りが楽だから、と引戸にしたけれど、
この2枚引戸は、本当はもっと大きな玄関向きかも…。
ショールームで見たら、高さもすごく高くてびっくり。
どんだけでかい人間が、出入りするんじゃってくらい。
でも他に外観の特徴がない家だから、このくらい大きくてもいいのかなと…
出来てみるまで、どんな感じになるか分からない~



で、玄関灯は前にご紹介したコレ。 センサー付 LEDライト

     

暗くなると、ほんのり点灯で待機。
人が近づくと100%点灯。
6時間経過後、自動消灯。
その後も、人が近づくと100%点灯。
ほっとけばいい。

どうしても長時間つけておくライトなので、
ここはあえてLEDにした。(楽天で、送料込み20,811円。高いナ~)


外のポーチの壁には、コンセントを付けてもらった。
これは、クリスマスのイルミネーション用。
名所になるようなガッツリのイルミネーションじゃなく、
帰ってきた家族が、ほっ とするような
ちょっとした飾りをしたいなーと思って。


玄関前のポーチと、玄関内の土間は、どちらも同じ30センチ角のタイル。
とにかく、汚れが目立たないやつ! ってことで、

・ゴツゴツしている
・乾いた土の色
・でも茶色っぽかったり、黄色っぽいのは好みでなく、グレー系がいい
・滑りにくい

を条件に選んだ。
これも小さいサンプルしか見ていないから、どうなるかな~


玄関もそうだけど、1階の床板はほとんど無垢の赤松。厚さ30ミリ。


壁は、漆喰塗り。
玄関入って正面の一面だけアクセントウォールで、薩摩中霧島壁。色はグレー。
ここに飾りたいものが決まっていて、それに合わせて色を選んだ。
その飾りについては長くなるのでまた今度…


天井は板張りの一部を除き、
家全体ほとんどがエコクロスの白色。玄関も同じエコクロス。


照明はスッキリとダウンライト。アクセントウォールに目線が行くように。
そのアクセントウォールを照らすために、埋め込みのダウンライトで間接照明も。


となりのクロークに靴を収納するので、ここは下駄箱なし。
だけど、靴の脱ぎ履き時につかまったり、
ちょっと座って靴を履いたり、荷物を置いたり出来るように、
こんな感じのベンチを置きたかったのだけど…

       


ちょっとどうかな~
玄関もやはり、思っていたより狭かったんだよナ。。。
邪魔になるかもしれない。。
なので、検討しなければ。


↓こちらも参考になります♪
トラコミュ
間取り

家づくりブログが沢山♪
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

関連記事

スポンサードリンク

Posted in 玄関

RSS

          

recent posts
   
お気に入り♪
category
     
【家づくりで参考にした本】
色を楽しむ、色と暮らす
インテリアペイント


+家の特徴+
【畳のリビング+障子間仕切り】
【壁付けキッチン→WIC→洗面
脱衣所と生活動線重視の
回遊式間取り】
【オール電化】【太陽光発電】
【セルロースファイバー断熱】
【寒冷地仕様】【薪ストーブ】
【無垢床、漆喰壁、和紙畳使用も
コストダウンを追及】
【子ども部屋は必要最小限に】
【こだわりの収納】【外構はDIY】
地元工務店で建築
夫婦+子ども3人の
5人家族の家です

Author : umeka
ズボラー技 大好き主婦
子ども達に散らかされる毎日
マシな所だけ切り取ったブログ
 
愛用中♪
マハロバスケット
寝室に秒針なし電波時計








archive
mail
すぐにお返事ができないため
現在コメント欄は閉じております
メッセージはこちらからお願いします

name:
mail:
title:

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。