「カラー漆喰」でクロークは水色の壁 | Tatamiser

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

「カラー漆喰」でクロークは水色の壁

04 16, 2011
クローク… 

って、おしゃれな名前が設計図には書いてあるけれど、

まあ、土間収納 & 家族用出入り口ってやつ。

玄関に散らかる靴…
子ども達は園で教わったのか、最近自発的に揃えてくれるが、
大のおとなが!! 夫が!! 何度言ってもダメ。
私が気がつけば揃えなおすけど、もう、それに疲れた。

という訳で、こちとら諦めてまして。
家族はクロークで靴を脱いで上がるように仕向ける予定。

ま、ちゃんと靴を揃えたところで、
泥だらけの子ども靴だったり、安物の夫の靴だったり、
もう若作りも限界で、どういうファッションをしたらいいか
ついに分からなくなった私の靴だったりなので、
とにかく出来るだけ隠したいのだ。


      genkan.jpg



玄関とクローク周りは、すべて引戸にした。
廊下へつながる部分は、寒い時期は閉めるだろうが、
玄関とクロークの間の戸は、普段は開けておくことが多くなるかな。
で、お客さんが来たらササッと閉めて隠す。

家族しか入らないゾーンなので、ちょっと壁の色で遊んで
別世界にしてみようかなと。


その名も  カラー漆喰


(どうも、うさんくさい名前…。ニセモノっぽいというか…。)

工務店の標準で、白い漆喰壁が選べるのだが、
その漆喰に顔料を混ぜて色をつけてあるカラー漆喰も、追加料金なしで選べる。

ピンク、ココア、イエロー、グレー、クリーム、グリーン、ブルー

色の種類は7種類ある。
調合して他の色も作ることができるそうだが、
メンテナンスの際に同じ色を調合することが難しいので
それはお勧めできないとのこと。
漆喰はどうしてもヒビが入ったりするので…。

…この7種類の色、どれも綺麗な明るい色で、
私はもっとニュアンスのあるくすんだ色がいいなと考えていたのだけど…
例えば、水色とグレーを混ぜた色とか、カーキが薄くなった色とか。

でも、見学会に行くとたまに子ども部屋のアクセントウォールや
2階のトイレにこれが使われているのだが、
明るい色はそれはそれで素敵だった。

なので、この7種類の中から選んで、
ここはブルーに決定。
ブルーといっても、どれも薄い色なので、水色って感じ。
クロークはそんなに光の入る部屋ではないし、ちょうど良いくらいかも。

気に入らなかったら、自分で塗りなおしちゃえばいい。

色のある楽しい空間にして、家族をこちらへ誘導作戦だ。



色のついた壁に挑戦する気になったのは、この本を見てから。

       

色を楽しむ、色と暮らすインテリアペイント Paint your life


なんといっても、色使いが絶妙!!
ペラペラ見ているだけでも、すっごく楽しい!
壁が白じゃないだけで、こんなに雰囲気が出るなんて!


料金も変わらないし、カラー漆喰、いっとく?



本当に幸いなことに、夫、色に関しては全く関心なし。口出しなし。



なので、好きにやらせてもらいまーす!!
後で文句言わないでよ~



ランキングに参加しています。
  ↓↓ よろしければ応援クリックお願いします。更新がんばります!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

応援ありがとうございます^^
関連記事

スポンサードリンク

Posted in 内装全般

RSS

          

recent posts
   
お気に入り♪
category
     
【家づくりで参考にした本】
色を楽しむ、色と暮らす
インテリアペイント


+家の特徴+
【畳のリビング+障子間仕切り】
【壁付けキッチン→WIC→洗面
脱衣所と生活動線重視の
回遊式間取り】
【オール電化】【太陽光発電】
【セルロースファイバー断熱】
【寒冷地仕様】【薪ストーブ】
【無垢床、漆喰壁、和紙畳使用も
コストダウンを追及】
【子ども部屋は必要最小限に】
【こだわりの収納】【外構はDIY】
地元工務店で建築
夫婦+子ども3人の
5人家族の家です

Author : umeka
ズボラー技 大好き主婦
子ども達に散らかされる毎日
マシな所だけ切り取ったブログ
 
愛用中♪
マハロバスケット
寝室に秒針なし電波時計








archive
mail
すぐにお返事ができないため
現在コメント欄は閉じております
メッセージはこちらからお願いします

name:
mail:
title:

       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。